ネットワークがつながった時に実行

On 2011年4月2日, in Windows, by 500えん

Windows でネットワークがつながったときに自動処理をしたいときはタスクスケジューラを使うと便利。

トリガーの設定で

タスクの開始:「イベント時」
設定:「基本」
→ログ:「Microsoft-Windows-NetworkProfile/Operational」
→ソース:「NetworkProfile」
→イベント ID:「10000」 
(イベント IDが「10001」だとネットワーク接続が切れたときらしい)

条件の設定で

ネットワーク:「次のネットワーク接続が使用可能な場合のみタスクを開始する」をチェックして、適当にネットワーク接続を選ぶ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください