Pogoplug、出先などからアクセス出来るクラウドのストレージとして便利だ。

ある日、Pogoplug Mobile に接続した USB ハードディスクに「このドライブは読み込み専用モードになっています」となって書き込みが出来なくなってしまった。

いろいろネットで調べてみたが、探し方が悪いのか、初期化したら解決したという情報は見つかったけどデータそのままでと言うのは見つからなかった。

何となく、fsck でもしてみようかと思い、USB ハードディスクを Ubuntu の PC につないで、自動的にマウントされたドライブをアンマウント、fsck でファイルシステムをチェックしたら、不整合が出てきたので修復して、元の Pogoplug につないだら書き込みが出来るようになった。

Pogoplug 単体で fsck できれば良いのに…。 


2014.11.19 追記

Pogoplug のデーモンが走るときに、

/usr/local/cloudengines/bin/e2fsck

が実行されてファイルシステムのチェックが走るようだが、ext2,3 のファイルシステムが大きい場合、メモリが確保出来ずに fsck が失敗するらしい。

最新の e2fsck を armel の Debian squeeze 環境でスタティックビルドして Pogoplug Mobile で実行したら、時間はかかったけどエラーなく終了した。

そのバイナリが e2fsck.gz。gzip で解凍して、Pogoplug Mobile の /tmp に scp すれば使えるはず。自分はルートファイルシステムを rw でリマウントして /usr/bin にコピーして利用している。(利用する場合、自己責任で)

rsync もついでに…。 rsync.gz 。

OpenPogo化している人もいるらしいけど、fsck が自前で出来ることと、rsync 出来れば困らないかなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です